(フジパン)カレーパンを食パンで挟んだ カレーパンサンド発売 感想

カレーのサンドイッチなら まだ分かる気がしますが

カレーサンドをまた 食パンで挟むとは 面白い発想
ですね。

Twitterの反応としては 結構 美味しいらしいですので
全国販売もあるかもしれません

カレーパンサンド」なる惣菜パンが発見され、「クレイジー」「何を血迷ってこいつをはさんだ」とTwitterをざわつかせています。そうか、「カレー」そのものではなく、「カレーパン」を食パンではさんでしまったのか……。

 パッケージの絵だけ見ると、揚げ物が半切りの食パンにはさまっているように見えますが、その正体はカレーパン。既に惣菜パンとして成立しているものを、さらに食パンではさむ発想がすごい。チャーハンをおかずにゴハンを食べるような破壊力を生み出したフジパンに、開発経緯などを聞いてみました。

カレーパンサンドは、4月1日から東北6県限定で販売(オープン価格、参考価格は税込108円)。取り扱いがあるのはスーパーや量販店で、コンビニには入っていないとのことです。

 開発の原点は、台湾にある揚げパンをパンではさんだ食べ物。日本でもウケるかどうか試してみることになり、「金城軒カリーパン」など、フジパンの商品同士を組み合わせて制作したそうです。

 Twitterで話題となったことについて、「うれしさ半分、驚き半分です」と広報担当者。売れ行きは出だしからかなりの好調で、予想を上回る反響があったそうです。この勢いで販売地域が広がったら試してみたい。

ねとらばさんより引用

Twitterの反応

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*