android用 360°VR撮影が出来るカメラ発売 OMNI shot mini VRゴーグル おすすめ 2018 最新

価格は高いですが VR撮影に興味のある方は
要チェックアイテムですね(^-^)

エレコムは3月20日、スマートフォンなどに装着して360度のVR撮影ができるVRカメラ「OMNI shot mini」を発表、3月下旬に販売を開始する。価格は3万3510円(税別)。

球形筐体の前後に408万画素CMOSセンサーを計2基備えたVRカメラ。USB Type-C接続に対応しており(付属変換アダプターでUSB micro-B接続も可能)、Android OS搭載のスマートフォンやタブレット(USBホスト機能対応が必要)に装着して360度動画を撮影できる。

最大3008×1504ピクセルでの動画および静止画撮影が可能(ライブストリーミングは2560×1280ピクセル)で、手ブレ補正機能も備えた。専用アプリを用いることでYouTube、Facebookでのライブ配信も可能だ。

スペック

■対応機種:USBホスト機能に対応したAndroidスマートフォン、タブレット

■対応OS:Android 6.0以降

■受像素子:1/3型 CMOSセンサー×2

■センサー総画素数:408万画素×2

■撮影画角:水平360度、垂直360度

■静止画 記録画素数:4.5M(3008×1504)

■動画 記録画素数:3K(3008×1504)、2.5K(2560×1280)、2K(1920×960)

■ライブストリーミング 出力画素数:2560×1280/30fps

■最大フレームレート:30fps

■エクスポート形式:静止画:JPEG、動画:MP4(MPEG-4 AVC)

■撮影モード:静止画、動画、ライブストリーミング

■手ぶれ補正機能:有り

■露出補正:オート+マニュアル補正機能搭載(-2.5EV~2.5EV、1/4EVステップ)

■ISO感度(標準出力感度):オート

■ホワイトバランスモード:オート

■シャッタースピード:オート

■撮影時機能:セルフタイマー撮影、フィルター撮影、美白フィルター撮影

■レンズ画角:210度×2

■レンズ焦点距離:1.2mm(35mm判換算8.6mm相当)

■レンズF値:F2.4

■撮影距離:10cm~∞(レンズ先端より)

■カメラ本体インターフェイス:USB Type-C

■動作時環境条件:5~40℃

■外形寸法:幅40.5×奥行40×高さ46.5mm

■質量:約28g

■付属品:USB Micro-B変換アダプタ、リセットピン、専用ポーチ、クリーニングクロス

エレコム公式サイトより

お勧めVRゴーグル

VR映像と言えば 見るのに専用ゴーグルが必要ですが
ネットでお勧めのゴーグルを数点 載せたいと思います。

3,596円

3D VR眼鏡は特別にスマートフォン用に設計されており、超3D映像効果と素晴らしいフィーリングを提供しています。
焦点距離と視界距離を調整でき、人々の異なるグループを満足します。
磁気コントロール装置で感光しています、そして熱を放散するのはできます。
すべての4-6インチのスマートフォンに適します。
手軽に3D映像を楽しめる3Dグラス、操作便利、エキサイティングなゲーム体験を与えます。 注意:近視度数0から600までの人々に適用!

4,276円

非球面光学レンズ:日本製の特別仕様の光学レンズは人体工程により完璧な視界を実現できますので、視覚疲労やめまいを防げます。35ミリメートのレンズ径は幅広い視角でより快適な視聴を楽しめます。視野に拘束感がなく、疲労する感じがあまり出ていません。
様々調節:より良い3D世界をご体験頂けるために、三つの所が調整できます。一つ目は:ヘッドバンドの部分です。ベルト部分が横2箇所、縦1箇所で固定され、マジックテープが付いてますので、ベルトの長さをそれぞれに調節できます、不安感なく、しっかりと固定できます;二つ目は焦点距離と瞳孔間距離を調整でき、近視の方はメガネがなしてご体験いただけます。様々なグループを満足できます。
各機種対応:すべての機種が対応できます。中に付いてスマホ固定するホルダーによってサイズを調節できますので、様々なスマホを適用出来ます。

VOX PLUS 3DVR ゴーグル ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き ホワイト
2,176円

 

3,250円

●メガネをかけたまま着用可能! 視野角120FOVで、自分に合わせてレンズの一を調整できます。

●ヘッドフォン付きで、本体にボリュームコントローラーが搭載されております。

●本体底面に、音量調整ボタンがございますが、受話ボタンもかねておりますので受話できます。

●横のタッチボタンを、教えて頂きますとスマホ画面をタッチした事になります。

●スマートフォンの熱を上手に放熱できる設計になっていますので、スマートフォンに負担をかける心配がありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*