こたつ付き車椅子が話題 電動車いす最新 2018

これは 車いすの方は羨ましいんじゃないですか
毛布より 随分 暖かそうですし acもついているとのこと
ですので スマホも充電できます。

車椅子の方々多い 老人ホームでも
使用される方もいそうなので
市販化されると売れるかも知れません

 車いすでの外出が寒すぎるので、歩行者もうらやむ車いす「車コタツ」を作ったという投稿が話題です。リクライニングが可能でフラット寝ができ、さらにポータブル電源も搭載されPC使いたい放題です。夢の乗り物すぎる。

 この「車コタツ」を投稿したのは、オリィ研究所所長の吉藤オリィさん。ALS患者向けの視線で動かせる車いすの開発も手掛けている方です。

 「車コタツ」は、外出時にぬくぬくのコタツに入っていられるのはもちろん、リクライニング&ティルトがついていてごろーんとフラットに寝ることもできます。

 ポータブル電源を載せているので、外出しながらPCも使用できちゃう。バッテリーは座席下のスペースに市販のポータブルバッテリーを搭載しています。この車いすの座席下スペースに複数個搭載できるため、長時間の外出にも対応できているそうです。

 もともとALS患者さん向けにオーダーメイドされた車いすを譲り受け、改造したそうです。この車いすは、電動ではないので後ろで押す人が寒いという致命的な欠点がありますが、コタツ部分はユニットになっていて、電動車いすにも取り付けられるように設計されています。

 そのため、視線操縦車いすと組み合わせることで、技術的にはALS患者の方がコタツに入りながら、自分で温度調節をしたり、コタツのまま自走することが可能になります。

但し、見た目が派手なのが、demeritですね。
もう少し、コンパクトにしたら、市販化可能かもしれません。

ちなみに、最新の車椅子が以下になりますが

while公式より
まさに近未来的で、格好いいですね
凸凹道走行、スマホとのリンク可能などの
機能が付いているとのこと

ちなみに、価格はなんと、995,000!
中古車が買えますね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*