(2017) 格安SIM 契約が1000万件突破 契約数 ランキングも

1000万件とは 中々 普及しましたね。
格安SIMも

サービスの質より安いほうが良いということを
証明した感じですね。

生活費のウェイトを結構占めてますからね
当然と言えば 当然ですね。

お金もちが格安SIMを使用するという
理由もわかるかもしれません。

格安SIM」契約数が1000万件を突破
MVNOサービスの契約数は1687万件(前期比+3.1%、前年同期比+18.3%)となった。移動系通信の契約に占める割合は約10%。

契約数が3万件以上のMVNOサービスの区分別契約数では、「格安SIM」と呼ばれるサービスを含むSIMカード型が1012万(前期比+4.9%、前年同期比+33.6%)、通信モジュールが452万件(前期比+3.5%、前年同期比+15.1%)となった。

ケータイwatchより 記事引用

ちなみに格安SIM契約ランキングは

一位
IIJ

二位
OCN mobile one

三位
楽天モバイル

四位
マイネオ

五位
SONET

となっています。

ちなみに 一位のIIJの主要取引先が官公庁だそうです。

格安SIMも対応ショップが増えると便利なんですが
それでは 月額利用料も高くなるし 結局 同じ価格に近く
なるということになりますね。

スマホなんてそうそう 壊れる心配ないですし
今のままの体制で良いのかもしれません。

しかし イオンSIMはイオンでサービスを受けれるので
サービスを店舗で受けたい 格安SIM検討中の方は、
イオンSIMを検討してみるのも良いかもしれません。

ちなみに ポケモンGO専用のSIMもありまして
その辺をちょいと代え 例えば 動画専用SIM
音楽ダウンロード専用SIMなど出来れば 面白いかもしれません。

ちなみに 契約の種類として

格安SIMサービス利用者(N=5,236)を対象に、メインで利用している格安SIMサービスの契約プランを聞いたところ、音声通話プランを利用しているとの回答が56.5%、データ通信プランを利用しているとの回答は43.5%だった。

MMD研究所から一部引用

らしく ほぼ 半々のことがわかります。

私はデータSIMのみのプランです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*