匂いや煙を気にせず空けたまま焼肉などを楽しめる吸炎グリル発売

これは便利ですね アパートなど 匂いが気になる
ところで焼肉や焼き魚を料理するところで
使うのには持って来いですね。

エスキュービズムが煙や匂いを気にせず焼肉などを楽しめる「吸煙グリル」を12月中旬から順次発売すると発表した。

 エスキュービズムは12月18日、煙や匂いを気にせず焼肉などを楽しめる「吸煙グリル」を12月中旬から順次発売すると発表した。食材を焼いて出た煙をグリルに内蔵したシロッコファンで循環させ、煙や匂いを吸収するという。

 換気扇などにも使われるシロッコファンを搭載。プレート側面の穴から発生した煙を吸収し、水を張ったグリル内部を循環させる仕組み。また、グリルには遠赤外線で食材を内部から焼くことで煙を出にくくするカーボンヒーターを採用。余計な油は油受けに落ちるため、ヘルシーに焼くことができるという。

 油や肉汁はプレートから流れ落ちた後、ヒーターの横を通り、油受けの中央の穴に集まって、水を入れた受け皿の中へ落ちる仕組み。ヒーターに油や肉汁を落とさないことで煙の発生を防いでおり、受け皿の水にはファンで循環させた煙をきれいにする働きもあるという。プレートや油受け、水を入れる受け皿などは取り外して洗える。

ITMEDIA ライフスタイルより

コンロのグリルでは後の掃除がめんどくさいですから
その点でも これは良いですね。

この時期 外でのバーベキューは寒いので
家でぬくぬくとバーベキューするのには
ちょうど、良いですね。

値段的に、お高めですが、よくパーティー
などする方、焼き魚や焼肉をする方は
ちょっと奮発してもいいのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*