スマホ依存症 対策のスマホ誕生 スマホ依存の原因なども

お子様のスマホ依存症治したい方はチェック
アイテムですね。

しかし 依存症克服に 代わりの物がいるとは
禁煙見たいですね。

 スマートフォンは便利さゆえに、常時手放せなくなってしまう人もいます。そんな中毒のような状況に陥ったケースの対策として、タッチパネル操作の代わりができる「Substitute Phones(代用スマホ)」が開発されました。定価は195ユーロ(約2万6000円)で、現在185ユーロ(約2万4600円)の先行販売価格で予約を受け付けています。

 オーストリアのデザイナー、Klemens Schillinger氏が開発。スマホ大の板に石の玉が埋め込まれたもので、指で玉を転がすことでスマホを操作する欲求を満たせます。玉の配列が異なるモデルがラインアップされており、それぞれスワイプやピンチ操作の代わりになります。

ねとらばさんより引用

個人で買うには少し価格が高いですが
スマホ依存症が治り 歩きスマホが減ることを思うと
安いかもしれません。

ちなみにスマホ依存症は10代~30代が多いそうで
スマホを忘れて 取りに帰る人が45%もいるそうです。

確かに私も スマホを忘れるとブルーになりますね。

スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女553人を対象に、スマートフォン依存について聞いたところ、「かなり依存している」が18.8%、「やや依存している」が52.6%と合わせて71.4%の人がスマホ依存の自覚があることがわかった。年代別で見ると、10代が21.6%、20代が26.4%、30代の21.8%がスマホに「かなり依存している」と自覚している結果となった。

続いて、スマートフォンに接触している時間を聞いたところ、「2時間未満」が最も多く20.3%、次いで「3時間未満」が17.9%、「1時間未満」が17.0%となった。
これを依存度別で見ると、かなり依存していると回答した人で最も多かったのは「7時間以上」「5時間未満」で21.2%、次いで「4時間未満」が16.3%となった。やや依存していると回答した人では「2時間未満」が26.1%と最も多く、次いで「3時間未満」が19.6%という結果となった。

スマートフォン所有者にスマートフォンについて12項目のうち当てはまる事を複数回答で聞いたところ、最も多かった回答は「ちょっとした待ち時間にスマホをいじる」が62.2%で最も多く、次いで「寝るとき、スマホを枕元に置いて寝る」が60.2%、「情報収集源がほとんどスマホ」が49.0%となった。

資料引用先 MMD研究所

尚、スマホ依存の原因は人間関係がこじれが主な原因
だそうです。

education

スマホ依存症をチェックしたい方は
下記のサイトをチェックしてみてください。

マイナビ

tabi-labo

ちなみに私のスマホ使用時間は 一日 2時間くらいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*