世界最小スマホ Soyes 7S 国内販売開始 レビューも 

メインで使用するには無理がありそうです。
これだけ小さいと通話しにくいと思うのは私だけ
でしょうか?

 ヴェルテは、Shenzhen AIEK Science & Technology Co., Ltd.(中華人民共和国深セン)と日本国内における正規代理店契約を締結。同社製の世界最小をうたうミニスマホ「Soyes 7S」の国内正規販売を開始しました。価格は税込み・送料込みで1万5,800円。

「Soyes 7S」は、中国のクラウドファンディングサイト「JD Finance」で資金を募り、154万元(約2,650万円)を集めたミニスマホ。日本国内でも秋葉原のショップで直輸入品が販売され、話題となりました。

Soyesシリーズは、前作6SまではGSM対応で日本では使用できませんでしたが、今回の「Soyes 7S」で初めて4Gに対応し、日本でも使用可能となりました。

「Soyes 7S」の本体サイズは、高さ87×幅42×奥行9.9mm、本体重量は、わずか59g。ミニサイズながらカメラも前面・背面に装備しています。正面から見ると、下部に丸いボタンを備え、何世代か前のiPhoneっぽいデザイン。

ねとらびさんより記事引用

これは小さいですね。
カードサイズとは 普通のスマホの約半分ですね。

コンパクトでかさばらないのはメリットなんですが
何かとこのスマホだけでは入らない(起動しない)
アプリある

など不安があるというのがデメリットですね。

Amazonのレビューによると

怪しい動きがあるgoogle playのアプリが入ってないし。勝手に怪しいソフトをダウンロードしようとします。
話しの種にかいましたので、気になりませんけど…。電話は、ドコモ回線で通話。できます‼

ここで買ったわけではないので、あくまで参考まで。
商品については、かなり外観も可愛く、また意外とサクサク動くので大満足していましたが、5日で電源が入らなくなりました。
この出品者ではないので一概に同じにはならないとおもいますが、海外製品なので、いくらかの覚悟は必要かと思います。

 

とあまり良い評価は無いようですので
検討中の方は、デメリットを考えて購入した
ほうが良さそうですね。

普通に通話だけなら ガラケーのほうが
快適ですし。
同価格程度で、新品の普通のSIMフリースマホが
購入出来ます。 

 

動画をみると、動作は快適のようですね。

ガジェットファンなら、欲しいと思うアイテムなのは確かですね(^-^)

同じく世界最小を売りとするnichephone-s
通話とsns テザリングが付いていて 9,980ですのでこちらの方がお得かもしれません。

Amazon取扱店 Soyes 7S

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*