駅の切符売り場の「大人」の読み方はおとなではなくだいにん

これは目から鱗ものですね。
私も今まで「おとな」「こども」だと思ってました。

でも 大概の人は同じ読み方してますよね(笑)

特急券買うときなんかも 普通に「おとな一枚・こども一枚」と言いますよね。

「だいにん一枚」というと 駅員の方が戸惑ってしまうと思いますがね(笑)

駅員のほうはそうでもないのでしょうか….

「小人」の検索結果として出てきたのは、「こびと」「しょうじん」「しょうにん」という3種類の読み方。それぞれの意味を調べてみると、『大辞林 第三版』(三省堂)の次の説明が見つかりました。

しょうにん【小人】
子供。少年。入場料・乗車賃などを示す場合に小学生以下をいう。

小人(コトバンク)
 そう、アレは「しょうにん」と読むのが正しいのです。一件落着!

 ……と言いたいところなのですが、その後に気になることが書いてあります。

「こびと」ではない
しょうにん【小人】
子供。少年。入場料・乗車賃などを示す場合に小学生以下をいう。
→大人(だいにん)・中人(ちゅうにん)
 リンクを表す青字で書かれた「大人」「中人」の字。読みは「だいにん」「ちゅうにん」となっています。えっ、「大人」は「おとな」じゃないの……?

だいにん【大人】
おとな。風呂屋などの料金の区別に用いる場合は、中学生以上をいう。
 つまり、こうした限定的な使われ方をする場合は、「しょうにん」に対応して「だいにん」と読むということなのですね。

 ちなみに、「中人」は『大人(だいにん)と小人(しようにん)の間の年齢層。現在は入場料・乗車賃などを示す場合に、小・中学生などをさしていう。ちゅうじん。』とのことで、子供以上、大人未満……に使われるもよう。

ねとらばさんより引用

今度 特急券買うときに言ってみようかな思ったりします(笑)

しかし 日本語は難しいですね 英語なら大人の男ならmenですが
日本語は大人 「おとな」「だいにん」「うし」ですからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*