煮干しのアクセサリーが話題 デザフェス

思わず「本物のにぼし髪についてるよ」と言いたくなる「煮干し髪飾り」に「煮干しブローチ」と、どれも煮干しの見た目をほぼそのまま生かしたデザインの装飾品がインパクト大です。見かけたら2度見するのは間違いない。

 制作したのは作家のあおみかん研究所(@aomikan_labo)さん。コンセプトは“にぼしのセカンドライフ”で「美味い汁を取られるだけで一生を終えたりはしない!」と、新しい視点から使い倒される以外の生き方を提案しています。

 完成までの工程では、煮干しをレジン(透明な樹脂)で何層にも固め、それに櫛などを合わせることで主にアクセサリーを作成しています。煮干しを固める作業は最低でも10日ほどかけて行い、わずかにでも臭いがすればやり直して臭いを完全になくしているとのことでした。

 グッズの中にはそんな煮干しを痛々しい中二病デザインにした「中二病にぼし」の姿も。煮干し本人もこれは予想外だったに違いない。

ねとらばさんより記事引用

市販化はされないようですが
されても そこそこ 売れそうな気がするのは
私だけでしょうか(笑)

コスプレアイテムに使うとか これつけて
煮干しのだしを取るとか(笑)

しかし 市販化するとなると 使い捨てになるのが
残念ですね。

10日かけてまで開発する その煮干し愛は見上げるものが
あります。

きっと 開発者は日本一の煮干し愛の持ち主ですね(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*