(ツィッター)ケント紙で作られたオメガ スピードマスターが話題

有名腕時計メーカー・オメガのスピードマスターをケント紙を使用して再現した人が現れ、Twitterで約9000RTを超え注目を集めています。細部にまでこだわった圧巻の完成度。

完成度高すぎ

文字盤、針、ブレスなどのサイズ感や形状を完璧に再現。文字盤や竜頭部分にはオメガのマークが刻まれ、ベゼルに刻まれた数字も本物さながら。時間も10時10分に合わせているため、紙で作られたにもかかわらずまるで商品カタログの写真のようにも見えます。

また、シースルーバックの時計を再現しているため、背面には機械式腕時計のムーブメントが確認できます。歯車もそれぞれが完全に噛み合っており本当に動き出しそうなクオリティー。制作した造形作家のmanabu_kosaka(@coca1127)さんは制作過程の一部をTwitterで公開中で、制作時間は250時間ほどだったようです。

ねとらばさんより引用

これは凄いですね。
ケント紙でここまで再現するとは

私、印刷関係の仕事してますから
わかるのですが、ケント紙は結構
厚めの紙で 折り紙のように
自由に折れないのです。

それなのに この完成度!
正に神業ですね。

250時間かけたという
その根気も見習いたいものですね。

スキル的には折り紙で女子高生を折る
人と良い勝負するかもしれませんね。

ちなみに世界一高価な腕時計は
60億円するそうです!

グラフ ザ・ハルシネーション
価格5500万ドル(約60億円)

栄えある1位は、またもやグラフ!ザ・ハルシネーションでした。ハルシネーションとは幻という意味です。2014年のバーゼルワールドで発表されました。
全てがファンシーダイヤモンドというなんとも贅沢すぎる一品です。

ウォッチモンスターより一部引用

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*