10円玉でお菓子の袋を破る技が便利(^-^)

Twitterアカウントの警視庁警備部災害対策課が、10円玉2枚を使って簡単にお菓子などの袋を開ける技を紹介しています。「避難所などでハサミが無い時などは知っておくと便利」とのことで、実際に試してみると予想以上の切れ味でした。これはすごい。

最初に試してみたときはうまくいかなかったため、警視庁にコツを聞いてみたところ、「10円玉2枚で袋を挟んで重ねて、奥の10円玉が手前に、手前の10円玉が奥に行くよう2枚をこすり合わせる」とのアドバイスが。この通りにやってみると、袋の切れ目がない部分でもスパッと切れました。少し慣れが必要ですが、何回か練習すればすぐに開けられるようになります。

 このツイートは3時間程度で1万3000回以上リツイートされる人気となっており、感心の声も多数寄せられていました。なお、ツイートした警視庁の担当者は子どものころからこの技を使っていたとのことで、一部では有名な技なのかもしれません。

 なお、他の硬貨でも試してみましたが、なかなかうまくいきませんでした。やはり10円玉が最善のようです。

ねとらばさんより引用

これは はさみが無いときにとても便利ですね

はさみは中々 持ち歩かないと思いますからね。
この技を知ってれば すぐに開けにくいお菓子の袋を
開けられますね。

10円玉なら いつでも持っていますしね。

ギザギザついてる 袋でもうまく開けられない時が
ありますしね (私なんかは力入れすぎて 全開してしまう時がしばしば(笑))

何といっても警視庁の情報ということで 信憑性が
あります(笑)

しかし ほかの硬貨ではうまくいかないっていうのは
不思議なものですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*