飲める文庫 NECが開発 名作文学の読後感を分析 10月27日から11月30日 期間限定

NECがコーヒー豆専門店のやなか珈琲と共同で、ブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発しました。AIを活用して名作文学の読後感を分析し、コーヒーの味わいとして表現したとのこと。口当たりが滑らかで苦味の豊かな『人間失格』コーヒーなど、6種類を各950円(税込)で、10月27日から11月30日まで期間限定販売します。






開発に際しては、NECのデータサイエンティストが文学作品に関する1万件以上のレビューを集計。例えばレビューに「悲しい結末だった」とあれば「苦味」に、「読むのに時間がかかったが十分楽しめた」とあれば「飲みごたえ」にと、読後感をコーヒーの味覚指標へ変換して、学習データを作成します。

ねとらばさんより引用

飲める文庫とは これはひらめかないアイデアですね。
確かに読書にコーヒーはつきものですが これは
思いつかなかったですね。

これをきっかけに 該当本を再読する人もいるのかも
しれませんね。

文庫本サイズの飲み比べセットは
デザインもおしゃれですね。

該当する本を持ってない人はあまり興味ないと
思ったりしますが 私みたいに珍しもの好きとか

コーヒー通の人が購入するのでしょうかね。

ネット通販も対応とのことなので 遠方の方も
気楽に購入できます。

コーヒーと一緒に本を読みたい方は
以下より

吾輩は猫である改版 (新潮文庫) [ 夏目漱石 ]

人間失格改版 (新潮文庫) [ 太宰治 ]

【中古】若葉集

こころ改版 (新潮文庫) [ 夏目漱石 ]

三四郎改版 (新潮文庫) [ 夏目漱石 ]

舞姫/うたかたの記改版 (角川文庫) [ 森鴎外 ]

余談ですが 飲める本と聞いて ドラえもんの「暗記パン」を
私は思い出しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*