Windows10 HDDアクセスランプ 常時点滅でパソコンが遅いのを修復

みなさん いつもアクセスありがとうございます。

今回はWIN10のアクセスランプ常時点滅で PCが不調なのを
直す方法を載せたいと思います。

自身 去年 中古パソコンを購入したのですが 最近 HDD
アクセスランプがいつも点滅して 起動と動作が遅くなり初め
ネットで調べて 対策したところ 動作が軽くなりました。

ひと月前に対策したところ 現在までパフォーマンスが落ちることなく
継続しています。

初め CCLEANER READY BOOSTなどを試しましたが、改善しませんでした。

なお 調べたところ SSDでも同じような症状でるとのこと。

同じ 症状の方 ご参考ください。
(必ず修復される保証はないので その辺はご了承ください
ウイルススキャン時にも同様の症状が出ますので タスク
マネージャーで調べてから 試してみてください。)

まず リソースモニターでDISC使用率を確認しておくことを
おすすめします。
(修復前後を比較するため)

ディスク使用率確認方法

メニューバー→右クリック→タスクマネージャー
→パフォーマンスタブ→下部にある リソースモニターを開く
→ディスク欄の変化する数字を確認

私の場合は 修復前 80~100だったのが  修復後には0~6程度まで
になり 起動が3-5分~30秒から-1.5分に短縮されました。

それでは修復方法を以下に載せます。

方法その1

仮想メモリの変更

順序
windowsキー+Xでメニューを出し システムをクリック
→パフォーマンスの枠中の設定をクリック→詳細設定タブを
クリック→仮想メモリーの変更をクリック→以下の画像のように
変更(メモリー4GB以上の方推奨)

変更したら 設定を押し 再起動

これで 終了です。

私の場合は上記が一番効果的でした。

方法 その2

WIN10の視覚効果を減らす

デスクトップ上で右クリック→個人用設定→
色を選択し

上記の画像のように設定

方法3

ipv6を無効

スタートメニュー→WINDOWSシステムツール→
コントロールパネル

→ネットワークと共有センター→左メニュー アダプターの設定の変更
→今お使いの接続→プロパティ→インターネットプロトコル(ipv6)のチェック
を外す

OKクリック

ちなみにipv6とはインターネットプロトコルの一つで
現在のipv4より進んだものでwin10から積極的にその
言語を使用する設定になってるとのこと

インターネットプロトコルとは
ネット観覧やメール送受信に使われる言語(決まり事)です。
詳しく知りたい方は初心者講座さん

HDD常時アクセスはWindows10標準らしくオートデフラグなど
SSDの方は知りませんが HDDの方は不調を感じたり 気になっ
たりしたらお試しください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*