スーファミやプレステ1 2 サターンをHDMI出力できる アダプター発売 サンコー

1990年代の懐かしいゲーム機がよみがえる。サンコーは、スーパーファミコンやセガサターン、プレイステーション1/2といったゲーム機の画面をHDMI端子で出力する「RGB21-HDMI変換アダプタ」を発売した。

「RGB21-HDMI変換アダプタ」

当時、家庭用ゲーム機をテレビに接続する際はコンポジット端子(赤、白、黄のRCA端子)を使用するのが一般的だったが、コンポジット端子はRGBの色信号と輝度信号をミックスして伝送するため、現在のHDテレビに拡大表示すると全体にぼやけ、さえない映像になってしまう。

背面のRGB21ピン端子

一方、当時のゲーム機は輝度信号とRGB各色の色信号を分けて伝送するRGB21ピンの出力を持っていた。現在のテレビに対応する入力端子を持つ製品はほとんどないが、RGB21-HDMI変換アダプタを使えばHDMI端子に接続が可能。グラフィック全体が鮮明で、かつ色や文字も判別しやすくなるという。当時と同じ4:3のアスペクト比で出力するモードも用意した。

ねとらばさんより引用

 

これはかなりはっきり映りますね。

最近のレトロゲームブーム
ミニスーファミなどに乗っかったとも言えますね
このケーブルは。

自宅に機器がある人でプレイする予定の方 これから本体を買う予定のは要チェックですね。

私はちなみに最近のリアルゲームより
昔のレトロゲームのが好きですね。

名作も多いですしね。

ところでスーファミの本体って今も高いですよね
この前、ゲーム売り場で4,000円の価格がついてましたからね。

ちなみにスーパーファミコンのカセット総数は1,477本
PSが3,300 PS2が2,876 SSが1,057本

PSとPS2合わせて 約 6,000本とは驚きですね。

楽天
RGB21-HDMI変換アダプタ RGBHDADP 【16時締切翌日出荷※祝前日・休業日前日を除く】

Amazon

4,980円

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*