11/10 スーパーカブ 2017 モデルチェンジ 販売台数 世界一億台突破

スーパーカブモデルチェンジ ねとらばさんより 

本田技研工業(ホンダ)は10月19日、ロングセラーバイク「スーパーカブ」4シリーズをモデルチェンジし、11月10日に発売すると発表しました。

photoスーパーカブ50(パールシャイニングイエロー)
photoスーパーカブ50 プロ

ラインアップは排気量50ccの「スーパーカブ50」、排気量110ccの「スーパーカブ110」、これらに大型のカゴとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」の4シリーズ。それぞれ、生産拠点をこれまでの中国から日本の熊本製作所に戻し、メイドインジャパンモデルとして展開されます。

新型は、一目で「スーパーカブだ」と分かるデザインアイデンティティーはそのままに、レッグシート部分などに滑らかな曲線を取り入れてスッキリと洗練化。ヘッドライトも省エネで長寿命のLED型に変更されました。一方で、空冷単気筒の4ストロークエンジンや自動遠心式クラッチによる独特の変速機構など、スーパーカブならではの特徴は継承されます。排ガス規制への対応困難などを理由に車種の生産終了が相次いでいますが、新型スーパーカブは2段キャタライザー式マフラーなどによって平成28年排ガス規制に対応しています。

ねとらばさんより引用

私的感想

凄いですね 世界一億台突破とは

スーパーカブと言えば
私は八百屋や郵便局のイメージですね。

普段 街乗りで使っている人もいるかと思います。
小回りききますし 燃費もいいですしね。

メイドインジャパンというのも日本人には嬉しいものです。

初代スーパーカブ 1958年製



ウイキペディアより

大幅には昔と変わっていないのは 初代のデザインを大事に
したいからでしょうか

今時 珍しいですね。
昔のモデルになモデルチェンジするのは。

ちなみに年間販売台数は300万台だそうです。

スーパーカブ 一億台突破 特設サイトでは 壁紙やクイズ(11月公開予定)などがあり ファンは要チェックです。

カプセルトイ

ホンダのオートバイ「スーパーカブ」を再現したカプセルトイ、「1/32 スーパーカブコレクション」がアオシマ(青島文化教材社)から登場します。懐かしの旧モデル仕様

ねとらばさんより引用

以下はセット売りで大人買いしたい人におすすめ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*