119番がスマホで映像通報可能に2018年4月~ 日立

日立製作所は、スマートフォンを活用した「119番映像通報サービス」を開発した。17日より、全国の消防機関に対して販売する。提供開始は2018年4月~。

「119番映像通報サービス」は、スマートフォンの専用アプリから、ビデオ通話で119番通報できるサービス。通報者の位置情報を送信する機能や、手書き入力・チャット機能、5カ国語の通訳対応なども用意されている。同サービスを利用することで、消防指令員が患者や火災現場の状況を視覚的に把握できるほか、音声通話が困難な通報者や外国人による通報も対応可能となる。
アプリ不要のWeb版も用意される。Web版は、消防司令員から通報者の電話番号宛に送信する専用URLから利用する形となる。

消防機関向けのサービス利用料は1ライセンスあたり月額20万円~。通報者用のアプリは無料で提供されるが、ビデオ通話などの通信料は通報者の負担となる。

ケータイウォッチより引用

機能 詳細
ビデオ通話による119番通報 通報者のスマートフォンを活用してビデオ通話による119番通報を実現します。
消防指令センターは、従来の音声通話に比べ、傷病状況や災害現場状況などをより正確に把握できます。
チャット機能
手書き入力機能
通報者と消防指令センターで、チャットによる文字情報のやり取りを実現します。また、スマートフォンに手書き入力した文字や図も、通報者と消防指令センターで共有することができます。
これにより、音声通話が困難な方も、119番通報を行えるようになります。
地図情報の表示と送信 通報者の現在位置の地図情報を、スマートフォンに表示させ、消防指令センターに送信する機能です。土地勘のない観光客などからの通報の場合でも、GPS即時送信により迅速に位置情報を把握できます。
通訳者を交えた三者通話機能*1 消防指令センターと提携先の外国語通訳コールセンターに接続し、通訳者を交えた三者通話を行えます。
対応言語は、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語の5言語で、24時間365日の対応が可能です。これにより、昨今の訪日外国人の増加にともない増えている外国語通報時も、円滑に意思疎通を図ることができます。

日立119映像サービス公式より

これは便利ですね。
緊急時に素早く 正確に現場の状況を伝えられて しかも場所も
GPSで伝えられて いいと思います。

緊急時というのは 気が動転してる可能性もあり
このサービスがあればそういった人も正確に伝えられるということになります。

アプリも無料ですしね。

ちなみに119番の歴史は大正6年からだそうです。

1917年(大正6年)4月1日電話による火災報知が制度化された。当時は電話は交換手に通話先を伝えてつなぐ方式だったため、交換手に「火事」と言えば、そのまま交換手が消防につないだ[1]。
1926年(大正15年)に電話にダイヤル式が導入されたため、自働局所属加入者は112番が緊急通報用に定められた[1]。当時一般的だったダイヤル式の電話で、一番早くダイヤルできるのが「1」であり、その次が「2」「3」」となり、一番時間がかかるのが「0」であったためである。しかし、電話が普及して間もない頃でかけ間違いが多発したため、翌年1927年(昭和2年)に、当時地域番号としては使用されていなかった「9」を使用することで間違い電話を減らす目的で、119番に改められた。

Wikipepediaより

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*