製作元も完成できるか未定と発表のジグソーパズル スーパーカミオカンデ

世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」図柄のジグソーパズルを、東京大学の宇宙線研究所がTwitterで発表しました。光電子増倍管(センサー)が一面にびっしり並んでいて、たぶん外枠を見つけるので精一杯の難易度。

同装置は円筒形で、直径39.3メートル・高さ41.4メートルのタンク内に光電子増倍管が1万本以上取り付けられています。パズルの図柄は内壁を写した写真でとても壮観。しかし組み立てるとなると、似たようなピースの多さに混乱すること必至です。ピース数だけは300と初心者向けなのですがねえ……。

 公式アカウントすら「最後まで完成できるか分かりません」と言い放つ高難易度パズルは、東大の柏キャンパスの一般公開(10月27~28日)で限定発売される予定。ツイートには「遠くて買いに行けない」「ネット販売してほしい」といったリプライが寄せられており、現在販路について検討中とのことです。

ねとらばさんより引用

ピース数は300なのに 最高難易度とは面白いですね。

これはパズルが得意な方でも苦労するのでは
ないでしょうか?

でもツィッターを見ると欲しいというチャレンジャーも結構いました(^-^)

ちなみに、私は全くこういうの駄目ですね(笑)

ちなみにスーパーカミオカンデとは 簡単に言うと
見えないものを見るために作られたものらしいです。

カミオカンデは,ニュートリノっていう,宇宙から飛んでくる目に見えない小さな粒子を測定するための装置なんじゃ。
ニュートリノの大きさは,0.0000000000000001cmなんじゃ。
あまりに小さすぎて説明が難しいのじゃが,
0.0000000000000001cmというのは, 1cmの1億分の1の,そのまた1億分の1の大きさじゃ。
たとえば,地球と太陽の間の距離とニュートリノの大きさを比較すると,地球と太陽(約1.5億km)の間に産まれたばかりの赤ちゃんのうぶ毛が1本ただよっておる。気の遠くなるような小ささじゃ。

ほんと,“想像しようとするだけ”で,すでに気が遠くなりましたよ!

宇宙空間には,このニュートリノという粒子が充満していて,わたしたちの体の中にも1秒間に何兆個ものニュートリノが通過しておるんじゃ。ものすごく小さい物質だから,気がつかないがな。

小柴先生 見えないものを見るより 引用

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*