(Twitter)マンホールに入り フタを閉めるアライグマが話題 茶臼山動物園 豆知識も

長野県長野市の「茶臼山動物園」にて、マンホールに入るアライグマさんが目撃されTwitterで話題になっています。動きが予想外でかわいすぎた……!
 

 まずは飼育員さんが小さめのマンホールの蓋を持ち上げると、にゅっと上をのぞくように中からアライグマさんが登場。少し周囲をてくてくと歩いては、来ている人にその姿を見せてくれます。

 そして元の場所まで戻ってきたところで、入っていたマンホールの蓋を閉じられてしまうアライグマさん。ですが、すぐに自分で蓋をつかんで回しては「パカッ」と上に開いて、その瞬間にスッと中に入り込む器用な技を披露……!

投稿したのはイラストレーターで「未満アイドル、ハジメます。」などの漫画も手掛けるMATSUDA98(@_matsuda98_)さん。今回撮影されたアライさんのマンホール帰宅術は、同動物園で行われているイベントとして披露されているようで、Twitterでは他にも目撃した人によるツイートが投稿されています。ちなみにアライさんの毛が乱れているように見えるのは換毛期だからということでした。

ねとらばさんより引用
茶臼山動物園公式サイト

起用に開けますね グイグイっと 力を入れているところ
入ってから フタをなおすところが又 かわいいです(^-^)

最後にしっぽが挟まっていますが 痛くないんでしょうかね。

日本では農作物に被害をもたらすなどし問題になっているアライグマですが、実はこんな可愛い場面もあるんですね(^-^)

調べたところ アライグマが暗い穴が好きという習性はなく
このアライグマは昔からマンホールが好きだったんですね。 

豆知識

アライグマはアメリカでは国民的ペットで昔から愛されています。

昔は五万円で売買されていたそうですが
野生の気質が強く止めになったとか
参考pepyさん

ちなみに日本にいるアライグマは捕獲された数だけで
14,000匹らしいです。 

日本でも猫や犬のように飼えれば良いんですが
そうは行かないようで、複雑なところですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*