一富士二鷹御肉! 宮崎牛で作った赤富士が話題に 和牛オリンピック

5年ごとに開催される「和牛のオリンピック」で、宮崎牛が内閣総理大臣賞を受賞。大会51年の歴史で唯一となる3連覇を記念して、JA宮崎経済連が肉で作った「赤富士」を公開しました。見事というか、めっちゃうまそう。

 

赤富士絶景かな絶景かな

 

箸ん?

 

しゃぶしゃぶえ?

 

肉肉だったー!

 

参考参考までに、こちらは葛飾北斎が描いた赤富士

 

土台に薄切りの宮崎牛を盛り付けて、朝日に赤く染まった富士山を表現。位置によって盛る肉の部位を変えるなど工夫を凝らし、山肌のグラデーションや火口まで再現しています。使用された肉の総量は、テスト撮影分を含め25.6キロ。手前の樹海はブロッコリーとキュウリ、ゴーヤでできています。

ねとらばさんより引用

赤富士のお肉凄いですね
何人分なんでしょうかね

20人分は軽くありそうですけど

この赤富士宮崎牛肉の値段を調べたら

500.000円

でした(^-^)

ロース肉 100グラム 2000×250=500000

ちなみに、富士山の自販機はペットボトルが
500円するらしいです。


画像引用 登山ちゃんねる

私 高級和牛 5年前に松阪牛食べて以来食べてません この画像みたら焼き肉食べたくなったので
来月の祭りの時にでも食べることにします(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*