(15Th)45万円のハイエンドレッツノート発売 CF-SZ6X15QP

11月16日 予約完売したそうです(^-^)
凄いですね!

パナソニックは9月27日、直販サイト「Panasonic Store」で販売するカスタマイズレッツノートの15周年を記念して、特別仕様のスペシャル天板を採用した「SZ6」シリーズ(CF-SZ6X15QP)を発表した。200台限定で価格は43万2000円(税別)。

200台限定の「フルスターブラック」天板「CF-SZ6」

 

2002年発売のCF-R1から始まったカスタマイズレッツノートは、多彩な天板カラーで、ユーザーがバリエーションを選べる楽しみを提供してきた。今回登場する15周年記念モデルは、星がきらめく夜空を連想させる「フルスターブラック」。光沢感のあるブラックに3色(白・青・赤)のガラスフレークを混ぜ、暗いところでは漆黒だが、光が当たると輝く表情豊かな天板となっている。また、繊細な輝きを実現するために最終工程では表面に手磨きを行うなど、その仕上がりは“工芸品”のようだ。

光が当たる角度で塗装が輝く「フルスターブラック」。夜空の星を表現している

 

スペックも15周年にふさわしいスペシャルな構成。CPUはCore i7-7600U vPro(2.80 GHz/最大3.90GHz)、メモリ16GB、ストレージ2TBSSD

Itmediaさんより記事引用

15Thにふさわしい価格とスペックですね。
普通のレッツノート二台分の価格

もちろん 買う人はいると思いますが
持ち歩くのは勇気いりますね。

それなりのケースに入れて持ち歩きたいですよね。

高スペック 磨き上げられた天板 文句なしの
ハイグレードパソコン何ですが、名前が、、、

レッツノートではインパクトがないような(笑) 

まあ、それも愛される利用の一つかもしれません(^-^)

ちなみにソニーストアのVAIO S11を最高スペックで
見積もった結果 総額380,000円でした。

やはり、このようなハイエンド機を購入される方は
役職がそれなりの方か3dグラフィックデザイナーなと
特別な職の方なんですよね。

中にはガジェットすきなかたで趣味として
買う人もいると思いますが 40万円するとなると

私なら モバイルノートでも家に置いておきますね(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*