(ほぼカキフライ)うなぎの次はカキフライの練り製品誕生 カネテツ

 カキフライの味、食感、見た目を魚肉練り物で再現した商品「ほぼカキフライ」が、9月にカネテツから全国発売されました。カニやウナギなどいろんな疑似製品が生まれてきた練り物界――まさかカキフライまで登場するとは。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズカキフライみたいだろ?

 

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ練り物なんだぜ、これ……! 「ほぼカキフライ」登場

 

カネテツでは「ほぼカニ」「ほぼホタテ」「ほぼエビフライ」と魚介類の味わいを練り物で楽しめる“ほぼ”シリーズを手掛けてきました。ほぼカキフライはその第4弾。スケトウダラのすり身に豆腐を配合し、カキのぷりっとした身と滑らかな肝、2層の異なる食感を再現。一口目でカキのうま味や独特の苦味、さらにはアオサノリによる磯の香りが口に広がります。もちろん練り物業界でカキフライは初。1パック5個入りで税込270円です。

現物を入手したので、編集部6人で食べてみました。外側は衣に覆われているので完全にカキフライにしか見えません。ほぼカキフライのためだけに開発したという付属の「特製タルタルソース」に付けていただきます。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズ見た目は“ほぼ”どころじゃない本物らしさ

 

おお、かじった瞬間にカキの独特のエグみと磯の風味が口の中に! 噛んでみると、あの本物のぷりぷり感には程遠いですが、外側の層(身)の弾力感から内側の層(肝)の柔らかい部分に差し掛かったときの歯ごたえはなかなかのもの。油っこくなった口内にカキの風味が残った後味はまさに“ほぼカキフライ”でした。これが練り物なのか……。

ほぼカキフライ カネテツ ほぼシリーズちゃんと身と肝の部分が2層で再現されている

 

他の意見は「カキフライはソース派なのでかけてみたら、個人的には7割カキフライだった」「カキのパンチの効いた濃厚さが足りていない気がするけど、かえってエグみが嫌いな人には程よいのでは」「“水で薄めたカキフライ”といった印象。まだ練り物界のカキフライは黎明期、未来を感じた」と個人差があるもよう。カキのぷりっぷり感を求める人からは「食感がどうしても物足りない」「風味は近いんだけど弾力が全然違う」と厳しい声が上がっていました。このあたりはまだ課題なのかもしれません。

ねとらばさんより引用 開発経緯はこちらから

フェイクシリーズの次の商品はカキフライですか、これならあたる
心配ないかも知れませんが 味が薄いなど まだ改善点があるみたいですね

その点 うなぎのフェイク商品は完成度が高いと好評でしたね。

練り製品なので 本物のと比べて日持ちするのもメリットだと思います。
後 油が苦手な方 貝アレルギーがある方なども食べられるというメリットも
ありますね。

尚 カキフライの発祥は東京都中央区の煉瓦亭だとされています。

私としては 次は

ほぼ マグロ刺身

くらい出してほしいですね(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*