(月1,980円)余剰食品を持ち帰りできる定額サービス Reduce GO 今年度中開始

レストランや飲食小売店の余剰食品を手頃な価格でテークアウトできるサービス「Reduce GO」が注目を集めています。本リリースはされておらず、現在事前登録を受付中。東京都23区内のサービス展開予定ですが、対応エリアは順次拡大予定とのこと。ローンチは2017年中を予定しています。

 

リデュース 飲食Reduce GOより

 

iOS/Android用アプリを経由して閉店間際の飲食店で余りそうな料理を購入できるサービスで、料金は1980円の定額制(1日2回まで利用可能)。手頃に食べ物を購入できる消費者側のメリットに加え、「仕込みすぎた」「食材の消費期限が近い」「ビュッフェ形式で残ってしまった」など、さまざまな事情で余剰食品が出てしまった飲食店側にも利点があるサービスとされています。

現在地周辺の余剰食品が一覧で表示され、注文後に店に受け取りにいく仕組み。加盟店側の利用料金はゼロで、月額料金のうち59%を均等に分け合う形で受け取れます。また、加盟店も募集中。

ねとらばさんより引用
ローンチとはサービス開始の意味

普通に考えれば、余剰食品がなくなり、エコロジーで地球にも、お財布にも優しいサービスですが、

しかし、提供する店側も購入するユーザーもデメリットもあるんじゃないかと思います。

例えば、店側独自の味付けを家庭用に使われたり、別の店に奪われたり、衛生面でも問題が出てくるのではないでしょうか?

当日、家庭で食べきれないので明日に回す など

ユーザーも余剰食品が店の売値と殆ど変わらない金額(量)なら、あまり、お得感がなくなりますし。スーパーの割引総菜のが安い。なんてことも十分考えられますしね。
-味は別として

でも、うまくいけば便利なサービスだと思います。
一流料理店の味が気軽に味わえ、手間も省けますしね。

仕事終わりに居酒屋に一軒より、おつまみをもらって(買って)家で一杯 何てことも出来るわけですし。
 
今後のサービスの進捗情報が、楽しみな所です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*