スマートフォン 購入の決め手はブランド バッテリーの持ち

S-W-2.jpg

MMD研究所は、9月6日に「大手3キャリア 主要スマートフォン最上位機種の購入前意識調査」の結果を発表した。調査対象は3キャリアから発売された主要スマートフォン最新機種「AQUOS R」「arrows NX」「Galaxy S8」「iPhone 7」「Xperia XZ Premium」ユーザー各100人、計500人。調査期間は8月31日~9月4日まで。

 現在利用している端末を購入する際に重視した項目は「画面の大きさ」が80.8%と最も高く、「性能・スペック(80.6%)」「バッテリー持ち・充電(79.0%)」と続く。また各機種での重視項目上位は、AQUOS Rが「バッテリー持ち・充電」、arrows NXが「壊れにくさ・頑丈さ」「性能・スペック」、Galaxy S8が「端末のサイズ感」、iPhone 7が「操作性」、Xperia XZ Premiumが「画面の大きさ」となり、機種によって異なる結果が出ている。

ITMEDIAより記事一部引用

20170906-4.jpg
引用 MMD研究所

ブランドが一番の決め手とは意外ですね。
価格はキャリアなら似たようなものですからね
選択肢には入ってないのかもしれません

女性の方は小さい画面のが持ちやすいかも
しれませんし 手の大きい人は大きいほうが
いいかも知れませんからね

画面の大きさは大事な選択肢なのかも
知れません。

ブランド力はiPhoneのAppleが一番
ということになりますね。

ちなみに殆どの国ではandroidがシェアを
占めています。

やはり アプリの数とか拡張性などandroid
上ですから人気があるんですかね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*