格安スマホにしない理由は通信速度 理解できていない

MMD研究所は、9月4日に「格安SIM検討者の意識調査」の結果を発表した。調査対象はスマートフォンを所有し、格安SIMを検討している男女1072人(iPhone:551人、Android:521人)で、調査期間は8月24日~8月25日まで。

現在検討している格安SIMの購入時期について聞いたところ、iPhoneユーザーの18.9%、Androidユーザーの46.6%が2017年中を検討中。今まで格安SIMにしなかった理由は、iPhoneユーザーは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」が53.7%と最も多く、次いで「iPhoneでも利用できるかわからなかったから/購入できない」が34.8%、「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」が32.1%となった。

itmediaさんより

世間に広がってませんからね あまり 格安スマホは
契約方法とか詳しく知らない人が多いかもしれません

専用店舗もキャリアほど無いですし

でも 格安SIMは広めるには 少し難しいかもしれませんね
安いとはいえ、キャリアの電波を借りているわけですし

安いから そんなに資金源も調達出来ないと思いますし

もしかしたら キャリアの方がメリットも今は上かも
知れないですね。

通信速度の安定 サービスの質、店舗の数など
ユーザーは安心できるのを優先するのかもしれません。

20170905102145af0.jpg

しかし、月の出費が少ないのにこしたことは無いので
主要キャリアも何らかの策をとらないとユーザーは減る一方かもしれません。

私も格安シムを利用してますが、特に不満を感じたこともなく利用してますからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*